居宅介護支援

介護についての相談、申請、
ケアプラン作成等を行います。

介護保険を利用して適切なサービスをご利用いただけるよう、ご利用者やご家族の希望や、生活の環境、お体の状態など、さまざまなことを考慮に入れながら、ケアマネージャー(介護支援専門員)がケアプランを作成します。そのプランをもとに、安心してご自宅で暮らしていただけるようにお手伝いします。

介護保険を利用して適切なサービスをご利用いただけるよう、ご利用者やご家族の希望や、生活の環境、お体の状態など、さまざまなことを考慮に入れながら、ケアマネージャー(介護支援専門員)がケアプランを作成します。そのプランをもとに、安心してご自宅で暮らしていただけるようにお手伝いします。

サービス内容

サービスの流れ

要介護認定の申請

介護保険によるサービスをご利用になる場合は、要介護認定の申請が必要です。その際に介護保険被保険者証が必要です。40~64歳までの人(第2号被保険者)が申請を行う場合は、医療保険証をご用意ください。申請などの手続きについては、ケアマネージャーが代行しますのでお気軽にご相談ください。

認定調査・主治医意見書

市区町村などの調査員が、ご自宅や施設などを訪問して、ご利用者の心身の状態を確認するための認定調査を行います。主治医意見書は、市区町村が主治医に依頼をします。主治医がいない場合は、市区町村の指定医の診察が必要です。
※申請者の意見書作成料の自己負担はありません。

審査判定

一次判定
調査結果および主治医意見書の一部の項目がコンピュータに入力され、全国一律の判定方法で要介護度の判定が行われます。
二次判定
一次判定の結果と主治医意見書に基づき、介護認定審査会による要介護度の判定が行われます。

認定

市区町村は、介護認定審査会の判定結果に基づき要介護認定を行い、申請者に結果を通知します。申請から認定の通知までは原則30日以内に行います。認定は、要支援1・2から要介護1~5までの7段階、および非該当にわかれています。

ケアプラン
[介護(介護予防)サービス計画書]
の作成

介護(介護予防)サービスを利用する場合は、ケアプランの作成が必要です。「要支援1」「要支援2」の介護予防サービス計画書は地域包括支援センターに相談。「要介護1」以上の介護サービス計画書はケアマネージャー(介護支援専門員)がいる、県の指定を受けた居宅介護支援事業者へ依頼します。

介護サービス利用開始

ケアプランに基づいた、さまざまなサービスが利用できます。

介護のことなら何でもご相談ください

096-234-6325

電話受付時間
8:30〜17:30(月〜金曜日)

お問い合わせフォーム

あなたに合った働き方を考えます

介護の現場で働く人が、
楽しくやりがいをもって働くことができる
職場づくりを目指しています。

求人情報を見る

ページ先頭へ